main
エスマルヒ用巻き芯

日本国中のプラスチック押出成形の会社の方、「こんな製品ができますか、出来るなら、出来るだけ早く、金型と製品の見積もりをしてください」という依頼が入りました。真ん中はくっ付いているが、一体ではありません、隙間を作ることができます。原料はHDPEです。どう返事をしますか。

  私は、即答で、「出来ます、金型のPOを頂ければ、2週間でサンプルを提出します、ただし、今は、ラマダン、レバランと金属加工屋も仕事に身が入らない時期ですから、レバラン明け10日後、6月20日ごろになるでしょう。見積もりは明日中に提出します、金型は溶融、冷却、カッターガイドを含めて、15ジュタ(12万円くらい)製品価格は1Kg1万Rp(800円くらい)で計算します」と、メールを入れます。どうですか、インドネシアでは、私が指導した日系三社を始め、誰も、出来ると言えないでしょう。

試作とアニーリングの一応の結果が出た。開く具合の変化、広がる方向、ということは、円周が縮んでいる。当然と言えば当然で、その率が問題だ。今回の色々な条件を変えたことで、その率も変わるが、求める隙間の幅になる条件は、ほぼつかんだ。芯になるパイプを入れたことにより、内径は変っていないということにしたいが、実際には、アニーリングによって、芯にしたパイプの径が0.1~0.2小さくなっていた。で、そのパイプを入れたまま出荷したいが、そうはいかなくなった。ということで、芯になるパイプの外径を0.2ほど大きくする必要があり、C,Die(キャリブレーションダイ、Calibration Dice)

の内径を0.3mm大きくし、今のパイプより、引取速度を若干上げて、0,2大きくなるように、加工屋に頼んできた。29日には、そのC,Dieでパイプを作る。レバラン休暇の前のサンプル提出には間に合わないが、29日、30日に、まだ、満足できない場合は、それ以降も、連休中に、トライを繰り返す。休日明けには、絶対、提出をする。


2019年6月2日 (^_-)-☆眩暈,不安 3789ゴルフ場、駐車場、ガラガラ、向こうに運転手が寛ぐ場所がある。どこも、人影が見えない。

6時50分くらいスタートの予定が、8時半スタートになった。途中、渋滞はなしで、10時半には終わってしまった。昼食をとらずに解散、これ幸いと、会社に直行し、試作の為のヒートアップのスイッをONにして、自宅へ、洗濯と昼食をして、また。会社へ、12時半に、樹脂が溶けていることを確認し。スタート、サイズは二種類、二種類とも、想定した引取速度では、外径は、小さくなってしまうと同時に楕円もかなりある、これでは,見っともなくて、サンプルを出せない。結局、修正何回か繰り替えし、ちょっとだけ満足できたので、疲れたし、夜遅遅いし。ま、いいかと、妥協した。客さきがOKを出すかどうかは未知数。

 

まだ、することが残っている。休み明けにサンプルを出すと、約束した。まだ、休みの7日8日にも、テストをする。

  試作は、22時まで掛かった。頭も体も朦朧としてきた、眩暈がする気配になった。こりゃまずいと思い、こんなところで、セキュリティーに病院へ連れて行ってほしいということになったらまずいと思い、もう、何年も飲んでいない、お守りにしていたパニック障害の薬を飲んでしまった。そのまま、ふらふらしながら、仕事を続行。そして、何となく、眩暈しかけ状態が無くなった。

Esmarch bandage

エスマルヒ 3758 エスマルヒEsmarchって何ですか。知っていますか。知らなくても何の問題もありません。私は今、そのエスマルヒを巻く芯のことで、仕事が忙しくなっている。トイレットペーパーの巻き芯のようなものです。私はエスマルヒと書かれた図面を見たときに、“エスマルヒってなに“?ネットでチェックしてみました。関連文章は、山ほど出てきました。帯やテープではなく、ゴム?チューブの写真も沢山出てきました。これを始めて使ったドイツ人の名前のようですね。何故、この人の名前をこの役目の物を呼ぶようになったかは、見つけられなかった。そして、これは駆血帯だそうです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235929222 ヤフー知恵袋からです。

そもそも、駆血って何?止血帯とどう違うの?

“駆血って何“で検索してみました。静脈血採取する際、静脈をふくれあがらせるため、採血上方巻きつけるゴム紐(ひも)、と書かれていました。止血まではしないのでしょうね。しかし、それを何故、駆血と言うのか、駆血と書くのかは、出てこなかった。いったい、誰が駆血など言い始めたのでしょうかね。もう調べるのは止めた。

 問題は、これからです。エスマルヒの検索で、巻き芯に巻かれた製品?の写真が全く出てこない。このメーカー、何かの必要性を感じて、布を巻く装置に隙間があるパイプを取り付け、隙間に布の端を差し込み巻き上げるというやり方らしい、そして、この巻き芯を作るための試作をしている途中で、私は、隙間が閉じて居てしまっても、芯に取りつ得たときに開けばいいはずだから、その芯に差し込んだ時に一定の開きになればいいと思い、見かけは一寸、径が小さいパイプにスリットが入っている、それで、良いと思うと提言したら、そうではない、医療現場で、その芯を繰り返し使うことを想定している、巻き芯にまた、誰かが手巻きで巻くときに、閉じてしまっていては、巻きにくいから、どうしても、隙間が必要だという。

 たった1mmの厚さのPEの製品、隙間が閉じていても、簡単に開けるし、通した後、閉じた方が、布の端が挟まれて、その方が良いと思うし、もし、1~2mmの開きがあるパイプを提供しても、梱包の仕方や置き方によって、閉じてしまう可能性の方が高い、だから、その隙間に、何か挟み込んで、隙間が閉じないように、手間をかけて、梱包をしなければならないし、そもそも、現場で、布を使いきって,芯だけになったとき、保管の仕方で閉じてしまう可能性も高いから、何かを挟んでもらわなければならないと思う。

 また、どうでしょうか。再使用ということ、医療現場では、安全管理上、ほとんどの物は使い捨てと聞いている。ところが、この製品に限っては、なぜ、再使用をするという前提になるのでしょうか。滅菌処理や隙間の問題、巻く人の人件費と安全性を考慮したら、使い捨ての方が安心だし安上がりだと思うのだが、どうでしょうかね。再利用にこだわるのでしょうかね。

file:///C:/Users/kota0/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/6BMT9U7X/maual-esmarch.pdf

こんな滅菌を再使用の巻き芯を含めてしなければならないでしょうね。

分からない、理解できないことが多い中の仕事です。

 こんな状態、インドネシアらしい。凸凹の舗装?走る場所を選べない、脇にはゴミの山。そして、この家、時々、人が外で、寛いでいるのを見かける。周りに何ができるのでしょうか。何かの理由で、立ち退きを拒否しているのでしょうね。

エスマルヒ 再使用 駆血