実用インドネシア語講座 X

 


 41sudah pernah (スダー プルナ)”既に〜したことがある”過去完了形とでも言うのでしょうか。 sudah (スダー〜)だけでは、過去形です。 Saya sudah pernah ke Jepang. (サヤ スダー プルナ ク ジェパン)”私は日本へ行ったことがある。 ”それでは、bulum pernah (ブルム プルナ)”未だ〜したことがない”否定に過去完了です。 Saya bulum pernah datang toko itu. (サヤ ブルム プルナ ダタン トコ イトゥ)”私はその店へ行った事がない。 sesudah itu (ススダー イトゥ)”その後で” sebulum itu(スブゥム イトゥ)”その前に”setelah itu(ストゥラー イトゥ)”その後に”

 42
semua
(スムア)sekalian,(スカリアン)segala,(スガラ) semuanya,(スムアニア)segalanya(スガラニヤ)”皆””全部””みなさん”
 sebagianbagi(バギ)”分配””分ける””割る”算数の割り算の÷の記号に相当する。 bagianは名詞で、”部分”です。 だからsebagian(スバギアン)は”一部””一部分”です。 では、”大部分”は? sebagian besar (スバギアン ブサール)です。 besar (ブサール)は”大きい””大”です。
また飛びます。 では、”多い”はbanyak(バニヤッ)”少ない”はsedikit(スディキッ),”小さいはkecil(クチル)ですね。sebagian kecilは、ほんの少し、ですね。
このように、関連する言葉を芋蔓式に覚えてしまうと、早く、覚える事ができます。 その気になって、要領よく覚えましょう。

 43
インドネシア語ではyang(ヤン〜)”〜であるところの””〜の”を使うような使わないような、有ってもなくても分かるが、有った方が分かり易いというか、曖昧な単語である。 しかし、多分、絶対必要という言い回しもあることはある。 yang akan datang (ヤン アカン ダタン)”将来の””これからの””未来の”とyang lalu(ヤン ラル)”過去の”以前の”です。 書く時はdua hari y.a.d. (ドゥア ハリ イー アー デー)”明後日””二日先の日” tiga hari y.l. (ティガ ハリ イー エル)”一昨昨日””三日前の日”という言い方をする。
 yang manis (マニス)yang cantik(チャンティッ) yang pedas(プダス)のように、適当に手軽に”甘いもの”、”可愛いもの”、”辛いもの”、など、人や食べ物や何かを形容する場合に使う。
ついでになるかならないか、rasa(ラサ)”味”について触れておく、これも、人間に当てはめて表現する事がある。 yang pahit (パヒッ)”苦い”. sepat(kelat) (スパッ)”渋い”. manis. asin (アシン)”しょっぱい”. asam (アサム)”すっぱい”pedas(プダス)”辛い”が有ります。 そのほかに何かありますか。
味では有りませんが”おいしい”はenak (エナッ)と言いますね、”まずい”という言葉はありません。 kurang enak (クラン エナッ)”おいしさが足りない”. tidak enak (ティダッ エナッ)”おいしくない”と言います。

44
行動、行いに対して、”だめ””よくない”はtidak boleh(チダッ ボレー)です。 だめに較べると長いですから、とっさの場合、遅いような気がしますが、これを使います。 tidak baik (ティダッ バイク)も使います。 boleh (ボレー)baik(バイク)は”良い””OK”です。
もう一つ、強い言葉がJangang(ジャンガン)です。 子供に対し、大きな声で言えば、いわれた子供は、飛び上がって止めます。 強い否定語です。
”禁止”の看板にはDilarang(ディララン)と書いてあります。 ”進入禁止”はDilarang masuk(ディララン マスク)”禁煙”Dilarang merokok(ディララン ムロコッ)です。 larangが”禁止”ですが、diを付けて受身の形にし、禁止されている、と表現します。

45 ”足りない””引く(マイナス)””不十分”はkurang(クラン)ですが、cukup(チュクッ)が”充分””です。 ”不満””不十分””足りない”をkurang cukup(クラン チュクッ)とも言います。 ”充分が足りない”という言い方です。
マイナス(−)はkurang,それではプラス(+)は何でしょうか。 tambah (タンバー)です。 それでは”×”は? kali (カリ)です。 ”割る(÷)”は既に出てきましたね、bagiでしたね。 レストランや機内で、tambahと大きな声で、言ってみてください。 誰もが、何を? と思います。 ”お代わり””もっと””追加”と言う意味です。

46
では、レストランや機内でtanpa(タンパ)という機会が多い。 ”〜抜きで””〜なしで”ということです。 tanpa gura (タンパ グラ)”砂糖抜きで” tanpa cabe(タンパ チャベ)”辛子抜きで”と言うような使い方をします。 tanpa makan (タンパ マカン)”食べないで〜”のように動詞にも使う。 tanpa nama (タンパ ナマ)”名前なしで””匿名で”と言う使い方もします。TanpaTambahを、間違えたら、困ることになりますね。

47
 cara (チャラ)”方法””手段”caranya apa? (チャラニヤ アパ? )”どうするの? ””方法はどうなの? ”secara(スチャラ〜)”〜的””〜式””〜スタイル”secara pokok(スチャラ ポコッ)”基本的””基礎的”secara jujul(スチャラ ジュジュール)”正直にsecara merata(スチャラ ムラタ)”公平に””平等に”です。 rata (ラタ)は”平ら””平均”と言う意味です。 rata-rata (ラタラタ)も”平均的に”皆同じに”です。
似ていますがacara(アチャラ)”番組””予定表”

48rasa (ラサ)”味””感覚””心持”rasanya apa? (ラサニヤ アパ? )”感じはどう? ””味は? ”Panca indera(パンチャ インドゥラ)”五感”です。 pendengaran (プンドゥンガラン)”聴覚”. penglihatan (プンリハタン)”視覚”. pencium (プンチューム)”嗅覚””臭覚”perasa lidah(プラサ リダー)”味覚”perasa sentuhan(プラサ スントゥハン)”触覚”です。
おまけでcium(チウム)は”鼻で吸う””嗅ぐ”と言う意味ですが、どういうわけか、ciuman(チウムアン)だと”キッス””接吻”になる。
rasanya bagaimana?
(ラサニヤ バガイマナ)”味はどうですか””気分はどうですか”はよく聞かれますし、私も聞きます。 (バガイマナ)は(バゲマナ)に聞こえる。

49
capai dan capek
(チャパイ ダン チャペッ)はどちらも”疲れた”ですが、(チャペッ)の方がよく使われます。 (ダン)は”and””と”です。
atau
(アタウ)が”or””あるいは””または”ですね。 (アタウ)は(アト)に聞こえる。
最近、Capede~~~(ちゃぺで〜〜〜)が流行っている。 人の話が長かったり、理解しにくかったり、気持ち的に疲れる場面になったとき、右手の甲をおでこの持って行きながらいいます。 本当に疲れたときでも良いですから、インドネシアでやって見せてください。 大笑いされますよ。

50
hanyasaja
(ハニヤ〜サジャ)”〜だけ”only””単に”どちらか一つだけを使う場合が多い。 どちらも同じ意味である。 hanya sayaでもsaya sajaでも”私だけ”である。
(サジャ)は(アジャ)に聞こえる。 ”〜〜するしかない”時も使います。